菌が大切なんだって

本日4/6(月)は定休日で、鎌取店・稲毛店ともにお店はお休みです。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

畑へ行ってきました\( ॑꒳ ॑ \三/ ॑꒳ ॑)/

ボリスブラウンのビッグ(うちの鶏の名前)もハルノちゃん(お客様が飼ってる鶏の名前)も元気に過ごしていました(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

いつもたくさん卵を産んでくれありがとう!

 

米ぬかを食べています↓

みんなお腹がすいていたのか、米ぬかの取り合い💨

 

 

青空の下は空気が美味しいです☀️

農場の菅井さんに、これから収穫できるお野菜について色々と伺いました!

 

ネギです↓

薬味や炒め物や汁物、万能につかえるお野菜♪

サニーレタスの芽です↓

人参の芽です↓

見えるかな?

枝豆の芽です↓

ニンニクです↓

ニンニク(の球根)ができる前ですが、茎も葉も食べられるそうです。

 

千葉県内でも貴重な自然農法の菅井さんのお野菜は、

日替りフードクレープやインターナショナルスクールに通う子供達のお弁当にも使わせてもらっています。

 

 

今日は少しだけお手伝いしてきました。

土の上に米ぬかをまいています。

その後、土とぬかを混ぜてから、種を植えていきます。

 

どうして米ぬかをまくのか聞いたところ、

土を発酵させるためだそうで

見えない微生物の菌たちが米ぬかを分解することで土が発酵して

作物を美味しく育ててくれるそうです。

 

きっと根っこにも働きものの菌がいっぱい🌱👀

 

でも均等にぬかをふりかけるのが難しくて

たった数回で普段使っていない足腰が痛くなりましたΣ( ´・ω・`)

精米したあとに捨ててしまう米ぬかですが、

鶏のご飯にも土にも使われていました。

 

栄養素たっぷりの米ぬかに発酵に微生物、

免疫力がアップしそうですね♪

 

いつもありがとうございます。

 

※米ぬかを肥料にするには、ぼかしたり撒くときの気温気候など専門知識が必要です。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています