赤ピーマンと緑ピーマンの違い?

ハッとするほど目に鮮やかな赤ピーマン。

緑ピーマンとの違いは?と思ったことはありませんか。

 

実はまったく同じもの。

赤ピーマンは、緑のピーマンが完熟したものなのです。

赤ピーマンと緑ピーマンは、色や味、食感や栄養価に違いがありますが、これは収穫時期が異なるから。

 

現代では一年中手に入るピーマンですが、

自然農法のピーマンの旬は6月下旬から10月ごろ。

緑ピーマンは開花後、約2週間~20日ほどして収穫したもので、

赤ピーマンは開花後、50日~60日して収穫したものです。

 

赤ピーマンは収穫まで時間がかかり、

収穫後も日持ちがしないため、

緑ピーマンに比べて市場に出回る数が少ないのです。

 

そんな貴重な赤ピーマン。

緑ピーマンに比べて苦みが少なく甘くて糖度が高いんです!

今日の日替りクレープは、

自然農法の赤ピーマンを使ってスパニッシュオムレツを作りました♪

米粉のクレープ生地とサラダで巻いて召し上がれㄟ(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*

 

 

「赤ピーマンのスパニッシュオムレツとマッシュポテトのサラダ巻き」

Mサイズ¥500/Sサイズ¥350

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です